条例制定請求など直接請求權の持つ意味、民主主義の根っこは何か?2018年11月14日 23:06

 市議会の議員さんの中には、前回の新図書館の住民投票直接請求の時もそうでしたが、「市長も市議会議員も、選挙で信任されているのだから、どんな風に議会で決定したり、案件を進めても問題ない。」という人がいるそうです。しかしそれで本当によいのでしょうか?

 そういう人は残念ながら、民主主義の根本を理解していないと言わざるを得ません。また、地方自治における住民の権利についても無理解だと言わざるを得ません。現在の政治は間接民主制(代議員制)が中心ですが、それだけが民主制のすべてのあり方ではありません。浦安市のホームページには次のように書いてあります。

 「国政と同様に地方自治においても、地方公共団体の住民によって選挙された代表者により行政が行われる間接民主制が原則となっています。しかし、その運営が住民の意思に反して行われようとした場合に、間接民主制の欠点を補完し、住民自治の理想を実現するために、住民に直接自己の意思を表示する機会を与えるのが直接請求制度です。」(浦安市ホームページより引用)

 間接民主制の欠点を補うために、地方自治における住民の権利(地方自治における直接民主制と言ってもいいでしょう)が保障されているのです。それが地方自治における直接請求制度です。念のため、直接民主制の具体化としては、その他にも、憲法改正における国民投票の制度や最高裁判所裁判官の国民審査などがあります。

 直接民主制は、制度としても現在の政治に取り入れられ、保障されているのです。言うまでもなく、リコールやレファレンダムと並んで、今回の条例制定請求権は、直接請求権の重要な一つの柱です。これを軽んじるような冒頭の発言は、民主主義と地方自治における住民の権利について、根本を理解していない恥ずべき発言と言わなければならないでしょう。

 ですから、議員さんは、この市民の意思というものを、しっかり重く受け止める必要があります。それこそが民主主義というものであるはずです。


 単刀直入に言えば、1万筆を超える署名が集まっているのだから、その意思を重く受け止め、すみやかに住民投票条例を採択し、住民投票を実施してくださいということです。

「絶滅の人類史」 更科功著 を読んで2018年11月12日 19:42

ちょっと息抜き^^   この間読んだ本の感想^^

 NHK出版 「絶滅の人類史―なぜ「私たち」が生き延びたのか」 更科 功著 

 

 あっ!先に言っとくと、この文章ネタバレになるところもあるかもしれないから、それが嫌な人は見るのは止めといてね(^^;)

 

 人類の誕生っていうか、進化、「そしてヒトが人間(現生人類)になる」ちゅうことに興味があるんだよね。

 「サピエンス全史―文明の構造と人類の幸福 ハラリ,ユヴァル・ノア著」っていう本が売れてるよね。

 更科さんの本書も、生物そして人類の進化の過程を科学的に跡付けた物だけど、私の見る観点はちょっと違うんだよね。要するにかっこよく言うと、個人としての人間の成長と人類の進化を重ね合わせて見たいちゅうことなんだよね。ど素人が偉そうにスマヌ^^;)

 本題に入ろう

 700万年以前の大型類人猿=サル(類人猿)とヒト(人類)の共通の祖先の特徴は・・・。

 ・木の枝や石を(道具として)使って(作ったわけではない)生活 した。

 ・集団で食物を分かち合って生活していた。

 この時点では、大型類人猿も道具を使っていたが、自然物をそのまま使っていただけで、改変はしていないということだ。

 そして700万年前、人類=猿人(サヘラントロプス・チャデンシス脳容量350㏄)とチンパンジー・ゴリラなど類人猿が分岐したということだ。  

 そして人類(猿人)の特徴は

 ・森林の砂漠化で、森林から追い出され、疎林地帯に住む?

 ・直立二足歩行をした。=ヒトとサルの分岐点は直立二足歩行(直立までの中間の時期は相当短期であった)。

 その直立二足歩行成立の理由は、

 ①一夫一婦制下の家族への食糧運搬のため? 

 ②一夫一婦制の集団生活→犬歯が小さくなり、争わない?

 だと書いてある。この理由に関しては、ちょっと検証が必要だと思うけど、まあいいや^^;

 700万年前に、ヒト(人類=猿人)が大型類人猿から分岐したということ。もちろん、ヒト(人類=猿人)であって、ホモ属ではないヒトの一番の特徴は、直立二足歩行をしたということだ。ちなみに、直立二足歩行をしたかどうかは、①大後頭孔という脊髄の通る穴が、頭蓋骨の真下についているかどうか、②骨盤の骨の幅が広く、上下に短いか、③足指の骨が反り返れるように並んでいるか、などでわかるらしい。また、ヒト(人類=猿人)も石や枝などの自然物を道具として使っていたわけであるが、決して道具を作ったわけではない

 そして250万年前頃、原人、ホモ属(ホモ・ハビリス、ホモ・エレクトゥス=ジャワ原人等)が生まれ、頑丈型猿人と分岐したということ。原人、ホモ属は、以下の特徴を持っていた。

 ・石器の使用(道具を作った!!) →肉食の開始(死骸などの肉を食べる)

  ・肉食により脳の大きさが格段に拡大(700㏄以上?)

  ・長距離を歩く、走る。

  ・アフリカから世界へ広がる(180万年前?)

  ・火を使い始める(100万年前頃から)

 ここで大事なのは、ホモ属によってはじめて道具が作られたということだ。ホモ属は、道具を使い労働することによって、自然を変革し、新たな価値を生み出したということだ。これはつまり、人間個人の成長過程で言うと、0歳でオギャアと生まれたのが、1歳半の節目を超えて、ヒトが人間になったということだ。はじめて道具を使い、外界に働きかけることよって、外界を変えられる存在になったということだ。

 そして、30万年前頃から人類は狩りを始める。それが、狩猟による肉食の開始であり、そのせいでハイデルベルク人の脳容量は1050㏄まで増えたということだ。

 そして30万年前頃、ハイデルベルク人からネアンデルタール人とホモ・サピエンス(現生人類)が分岐する。よく感想である、「ネアンデルタール人からホモ・サピエンス(現生人類)が進化したんじゃないんだね。」ちゅうことだけど、現在の科学の検証をもってすれば当たり前だよね^^;。

 また他にも、分岐した人類として、デニソワ人やフローレンス人、そして謎の人類がいることがDNA解析でわかっているが、これについては、触れるとややこしくなるので、触れないことにする。

 20万年前頃から?いわゆる旧人、ネアンデルタール人(ホモ・ネアンデルターレンシス)が欧州で隆盛を誇る。

ネアンデルタール人の特徴

 ・人類最大の脳(1550CC、ホモ・サピエンスより大きい)。

 ・身長は160㎝ほど(男は165㎝80㎏)。がっしりしている。白色・体毛濃く、寒冷地に適応。

 ・言語を話した(推定)。

 ・複合道具を作り、集団で、狩りをした。

 そして、4万年前に滅亡するまで、ネアンデルタール人とホモ・サピエンスは、地域を隔て25万年ほど長く共存していた。新人、ホモ・サピエンスのヨーロッパ進出はおよそ4万3千年前。欧州では、約3000年間は同一地域で共存していて、一部では種(亜種?)の交雑もあったことになる。ネアンデルタール人のDNAが現生人類のDNAの中に残されているのだ。ホモ・サピエンスがネアンデルタール人を絶滅させたのか?どうしてそのようなことができたのか?

 *現生人類(新人) ホモ・サピエンスの特徴は?

 ・細くきゃしゃな体。→体力の消耗は少ない。

 ・縫う技術を持ち、しっかりした毛皮を着ていた?

 ・雑食で、何でも食べられる。

 ・多産であり、子どもを個人でなく、家族あるいは社会で育てる。

 そして、アフリカにいたホモ・サピエンスは世界のあらゆるところに進出していった。また、投槍器などの狩猟技術を持っていて、欧州では、ネアンデルタール人より食料の確保という点で優位に立ったのではないか?ということだ。また、言語による意思疎通があり、集団での狩猟や生活という点に関しても優位な点があった。そしてあとは、温暖化後の寒冷化など自然環境の変化=偶然の要素もあって、4万年前にはネアンデルタール人が絶滅したのだ。

 ひょっとしたら条件次第では、現生人類(ホモ・サピエンス)と現在でも共生していたかもしれないネアンデルタール人なのだった。

 ちなみにクロマニョン人は、南フランスのクロマニョンの岩陰遺跡から発掘された化石現生人類である。3万5000~1万年前に生息していたホモ・サピエンスである。

 私たち現生人類が今こうしてあるのも、言ってみれば偶然の産物でもある。ネアンデルタール人と共生していたかもしれないのだ。現生人類の独りよがり、傲慢は許されないのだ。

 それにしても、人類史を、人間の個の成長過程と重ね合わせて見ると面白い

 よく、人間の胎内での成長過程は、生物の進化過程とダブっていると言われるが、実は、胎内だけでなく生まれてからもそうなのではないか?創世記の人類の進化の歴史は、生まれたての赤ちゃんが「ヒトから人間になる」成長過程とダブっているのではないか?

 ついそんなことを考えてしまうのだ。

 って、ちょっと書くつもりが長くなっちゃった^^;

 息抜きになっていないってば^^;

小牧市こども未来館住民投票署名10000筆超!そしてもう一つの問題、予定価格情報漏えい・隠ぺい疑惑を12月議会で徹底究明して!2018年11月10日 20:15

 小牧市こども未来館の設計業務等で、小牧市の予定価格と(株)ア-ル・アイ・エーの見積額が1円まで同じということが4件もあることがわかっています。予定価格が漏れていた、もしくは談合があったのではないかという疑惑が広がっているわけです。

 もともと、自治体の入札にあたっては、一般競争入札が原則であり、随意契約は特例中の特例です。それでなくても競争入札がなく異常に高い契約額になるという問題がある上に、入札価格まで一致していたとなれば、事は重大です。

 宝くじじゃないんだから、確率0ではないと言われても、そんなの信じる方が普通ではないと思います。(株)アール・アイ・エーに予定価格の情報漏えいがなければ、入札価格が二度も三度も100%一致することなど普通はあり得ません。行政の最高責任者としての山下市長の責任は重大です。

 またそれと関わって、A氏の備忘録のコピーが市議会内外、マスコミにも出回っています。その文書によれば、市長は予定価格の情報漏えいについて、「しかし職員がしゃべっていない、業者が聞いていないと言えばそれまで。地公法の問題であり、警察が動くこともない。」と語ったとされています。それをそのまま正しいと受け止めれば、予定価格流出について、市長が意図的に隠ぺいを行ってきたということになります。言ったことがセリフまで再現されているものを、ただの怪文書で片づけられるのでしょうか?まるでミステリーの一場面じゃないでしょうか。

 市長はそれを否定しましたが、情報漏えいの事実について組織的に隠ぺいを行ってきたという疑惑は、それで晴れたわけではありません。それを含めて、真相を究明することが必要です。それが、民主主義の最低ラインです。

 そして10月1日、小牧市政をかえる会等の追及の前に、山下市長は「契約は適正に行われている」「100%一致もあり得ないことではないが外部の判断を仰ぐ」として、第三者調査を行うことを発表しました。

 しかし、市長お抱えの弁護士を担ぎ出して第三者調査と言われても、納得できるはずはありません。当然のことながらかえる会は、こども未来館等の契約疑惑事件、そして税金の無駄使い問題の徹底究明を求めています。そして、市議会議長あてに、こども未来館等設計契約疑惑究明のため、市議会に百条委員会を設置するように要請書を提出しました。

 百条委員会は出席を拒否できず、またウソを言えば罰せられるという強制力・権限のある調査ができます。国会における国政調査権のような強力な権限を持っているものです。行政の責任者である市長にも出席してもらい、疑惑を徹底的に調査究明してほしいものです。もちろん、市議会の責任としても、この疑惑の解明が必要です。

 この疑惑究明問題は、住民投票条例の採択と合わせて、12月議会の最重要課題とならなければなりません。

小牧市こども未来館 住民投票署名10005筆提出! 民意を聴いてほしいという怒りの声が爆発 !?2018年11月08日 21:31

 小牧市こども未来館の是非を決める住民投票署名が、ついに10005筆、選管に提出されました。これは、成立の最低数=有権者数の50分の1、2411名の4倍を超える画期的な数です。''

 

 以前問われた小牧市図書館建設の住民投票署名と比較しても、その1.5倍以上という、非常に多くの数が集まっています。小牧市の直接民主主義も捨てたものではありません。10005筆、この意味は何か?それは、市民の声を聴いてこなかった山下市政への怒りの声ではないか?と思います。市民は、民意を聴かない山下市長の暴走はいけないと感じているのではないでしょうか?

 ところで、民意を聴くということに関しては、5日の記事に、「こども未来館に関するパブリックコメントは69件出されましたが、その全てが否定的意見でした。賛成意見は1件もなかった・・・」「なのに山下市長は、そういう声を無視して建設を強行しようとしています。」「市民の意見を聞くということなら、まずパブリックコメントの内容がどのように施策に生かされたのか、それを説明する必要があると考えます。」と書きました。

 民意を聴くという点に関しては、それに加えて、蛇足になるかもしれませんが、市の広報などで「ワークショップを通して意見を聞いている」という宣伝があることに一言触れておきたいと思います。

 ワークショップというのはそもそも一般的には「体験型講座」を指しています。遊びのような活動を行ったり、制作や表現活動をしてそれを披露したり、ディスカッションをしながら思考力・表現力などのスキルを伸ばす場所という意味です。双方向のやりとりはあるにしろ、パブリックコメントのように市が公的に市民の意見を聞くものとは性格が違うもののはずです。

 実際、図書館問題のワークショップに参加した人からは、「設計図段階なのに建築見本を見せて、意見をきくというより建築見本のおひろめの要素が強いと感じた。」という感想もありました。それから今回多かった、特に中高生を対象としたワークショップというものは、体験しながら学習する・勉強するという要素が強いものです。

 ですから一般的に、ワークショップを開くことが市民の意見を聞くことにはなるわけではないと思います。ましてや、パブリックコメントと同列におくのは、どうやっても無理があります。そして今回、その設計段階ワークショップですら、中学生を中心に各回平均15名程度が参加したものにとどまっています。有識者と言われている人のワークショップは各回8名程度の参加です。これで市民の声を聴いているというのは、どう考えても無理です。

 

 要するにいままでの過程を見てみると、どう考えても山下市長は民意を無視してきたとしか考えられないのです。ですから、今回の署名にも、それに対する市民の怒りが現れたのだと思います。

 

 とにかくこれからは、もちろん12月市議会ではちゃんと民意を聴いて、こども未来館是か非かの住民投票条例を必ず制定してほしいと思います。市議会議員の皆さん、本当に頼みますよ、小牧市の民主主義が問われているんですから・・・。''

小牧市こども未来館って、児童センターの立て直しなんだよね?2018年11月06日 05:20

 「小牧市こども未来館って、児童センターの立て直しなんだよね?」「それにしちゃ児童センターが20個も入る巨大施設じゃん。いったい何なのよ、こども未来館!」

 

 というわけで、今回は、こども向けの施設、児童福祉施設はどうあるべきなのかという点で、こども未来館構想について考えたいと思います。

 まず大事なのは、小牧市は、「今回のこども未来館は、児童センターの立て直しだ。」と言っているという点です。大型児童館ではなくて、児童センターの立て直しだということです。大型児童館ではないということは、つまり、この建物には、各地域の小型児童館を指導したり連絡調整したりまとめたりする機能はないということです。それは、大型児童館がすることです。

 また、中央児童館という言い方も正確ではないと思います。小型児童館を指導したり連絡調整したりまとめたりする機能があるかのように勘違いされるからです。小牧市の中央にある児童館・児童センターでしかないということです。

 では、そもそも児童センターとは何なのでしょうか?まず言っておかなければいけないのは、児童センターは、本来、地域の小型児童館と根本的な違いはないということです。あえて簡単に言うと、小型児童館より少し広くて、体力増強なども考え、中高生の利用も考慮したような児童館だということだけです。

 そして、児童館・児童センターには、こういうものにしなさいというガイドラインがあります。それを見ると、全ては書けませんが、「長期的・継続的に日常生活を支援する」とか「日常的に子どもの居場所となり、地域の拠点となる。」ということが繰り返し書かれています。

 これは、私流に言い直すと、「児童館や児童センターは、地域にあって、毎日使えるところになければいけない。」「週末お出かけスポットにしてはいけない。」「アトラクションのあるようなアミューズメント的施設ではない。」という戒めが書いてあるのだと思います。決して巨大遊具を入れろなどとはどこにも書いてありません。

 地域の拠点・子どもの居場所になり、その中で日常的にこどもが成長するところに、児童館・児童センターの意味があるということです。また、家に帰れない、家に帰っても居場所のない子どもたちの生活を支援する機能も必要だということです。住んでいる地域からはなれた施設に、休日などにわざわざ出かけ、たまに巨大遊具を利用するというのでは、本来の児童センターの趣旨から外れたものになってしまうということです。

 「日常的に子どもの居場所となり、地域の拠点となる。」ということですから、児童館等の児童福祉施設や子育て支援施設も図書館支所なども各地域ごとに充実させていくのが、本来のあり方ということです。ところが小牧市には、岩崎中学校区、桃陵中学校区には児童館がありません。地域の小型児童館ですら各中学校区にないのに、なぜ中央に巨大遊具の箱モノを作る計画なのでしょうか?優先順位を間違い、本末転倒していると思います。

 では、なぜこんな巨大遊具施設・アミューズメント的施設づくりの方向に進んできてしまっているのでしょうか?考えられることは、「設置基準から言うと、ラピオという建物は、児童センターが一つや二つではなく、約20個分も入る広さがある」ということにも原因があると思います。児童センターが20個も入る、もともと無理のある広さなのです。そこにたった一つの児童センターを入れようとしているから、広すぎて床が余り過ぎ、無理に無理を重ねているから、床や天井を打ち抜いたり、巨大遊具をいれたりというアミューズメント的施設になってしまっているのが現状ではないでしょうか?そして、本来の児童館・児童センターの理念ともかけ離れてきているのだと思います.。

 なぜそんな、初めから無理のあるような計画が出てきたのでしょうか?もともとの当初予算にも、第6次小牧市総合計画にもなかったのですから、そんな無茶なことを言い出したのは、もちろん山下市長さんだと思います。なぜ市長さんがそんなことを言い出したのか?それは、本人でないとわかりません。ただ、「図書館をラピオに入れさせないための市長の思いつきだ」と批判されても仕方のないことだと思います。市長さん主導で、「初めに入れる器ありき」で始まった計画だからこそ、無理に無理を重ねることになっているのでしょう。

 では、これからどうしていけばいいのでしょうか?まず、児童センターは中部公民館のままにして、ラピオに移転するのは、中央子育て支援センターと図書館にしぼればいいと思います。絵本図書館・こども広場は、現在のままラピオに置けるはずです。ラピオにはそれだけの広さがあります。

 そして、こども未来館計画はきっぱり中止し、地域小型児童館建設を優先すべきだということです。また、小規模作業所の場所を考え、児童センターを中部公民館内に拡張することも併せて考えればよいと思います。このあたりは、どういうことがベストのか、皆さんで細部をつめていけばよいのではないでしょうか。以上のことは、今後進んでいくべき一つの例にすぎません。そういう考え方も道も残されているだろうということです。

 とにかく理念のないこども未来館計画はすぐに中止してほしいと思います。そして、現在はまだ設計の段階ですから、「こども未来館建設計画を止めるのは、まだ遅くはない」「いろいろな道は残されている」とだけ、言っておきたいと思います。