小牧市こども未来館 住民投票署名10005筆提出! 民意を聴いてほしいという怒りの声が爆発 !?2018年11月08日 21:31

 小牧市こども未来館の是非を決める住民投票署名が、ついに10005筆、選管に提出されました。これは、成立の最低数=有権者数の50分の1、2411名の4倍を超える画期的な数です。''

 

 以前問われた小牧市図書館建設の住民投票署名と比較しても、その1.5倍以上という、非常に多くの数が集まっています。小牧市の直接民主主義も捨てたものではありません。10005筆、この意味は何か?それは、市民の声を聴いてこなかった山下市政への怒りの声ではないか?と思います。市民は、民意を聴かない山下市長の暴走はいけないと感じているのではないでしょうか?

 ところで、民意を聴くということに関しては、5日の記事に、「こども未来館に関するパブリックコメントは69件出されましたが、その全てが否定的意見でした。賛成意見は1件もなかった・・・」「なのに山下市長は、そういう声を無視して建設を強行しようとしています。」「市民の意見を聞くということなら、まずパブリックコメントの内容がどのように施策に生かされたのか、それを説明する必要があると考えます。」と書きました。

 民意を聴くという点に関しては、それに加えて、蛇足になるかもしれませんが、市の広報などで「ワークショップを通して意見を聞いている」という宣伝があることに一言触れておきたいと思います。

 ワークショップというのはそもそも一般的には「体験型講座」を指しています。遊びのような活動を行ったり、制作や表現活動をしてそれを披露したり、ディスカッションをしながら思考力・表現力などのスキルを伸ばす場所という意味です。双方向のやりとりはあるにしろ、パブリックコメントのように市が公的に市民の意見を聞くものとは性格が違うもののはずです。

 実際、図書館問題のワークショップに参加した人からは、「設計図段階なのに建築見本を見せて、意見をきくというより建築見本のおひろめの要素が強いと感じた。」という感想もありました。それから今回多かった、特に中高生を対象としたワークショップというものは、体験しながら学習する・勉強するという要素が強いものです。

 ですから一般的に、ワークショップを開くことが市民の意見を聞くことにはなるわけではないと思います。ましてや、パブリックコメントと同列におくのは、どうやっても無理があります。そして今回、その設計段階ワークショップですら、中学生を中心に各回平均15名程度が参加したものにとどまっています。有識者と言われている人のワークショップは各回8名程度の参加です。これで市民の声を聴いているというのは、どう考えても無理です。

 

 要するにいままでの過程を見てみると、どう考えても山下市長は民意を無視してきたとしか考えられないのです。ですから、今回の署名にも、それに対する市民の怒りが現れたのだと思います。

 

 とにかくこれからは、もちろん12月市議会ではちゃんと民意を聴いて、こども未来館是か非かの住民投票条例を必ず制定してほしいと思います。市議会議員の皆さん、本当に頼みますよ、小牧市の民主主義が問われているんですから・・・。''

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
うさぎとかめ、勝ったのはどっち?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://peachhill.asablo.jp/blog/2018/11/08/8994455/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。